個人輸入 筋肉増強剤 ダイエット

アナドリンの飲み方と効果と副作用はどう!?筋肉増強に効果的!?

筋トレを習慣化しようと努力しているところなんですが、
どうせきついトレーニングするなら手っ取り早く筋肉がついてくれたほうが
やりがいも出るのでいいですよね。

 

なので、ついに筋肉増強剤というやばそうなものにも手を出してしまったんです。

 

筋肉増強剤にも色々と種類があるようで、その中でできるだけ副作用などが
少ないアナドリン(Anadorin)10mgを買ってみました。

 

購入はこちらでしました。(こちらに参考になる口コミなどもあります。)

 

アナドリン(Anadrin)10mg

 

アナドリンって何?

 

アナドリン(Anadorin)10mgはアナボリックステロイドです。

 

アナボリックステロイドは食べ物から取ったたんぱく質を筋肉に変える働きを
促進する筋肉増強剤のようで、身体の中で男性ホルモンとして作用するとのことです。

 

アナドリンは筋肉増強剤の中では副作用の危険性が少なく男女ともに利用できるとのこと
だったので利用を決めました。

 

 

アナドリンの効果は?

 

効果としては。
・慢性感染症
・重度の外傷による体重減少後の補助療法
・骨粗鬆症
・筋肉増強効果

 

アナドリンの飲み方

 

通常、成人に対して1日2.5〜20mg(0.25〜2錠)を2〜4回に分けて服用します。
とのことでしたので朝、晩で1錠ずつ飲むことにしてます。

 

それと、飲み続けると肝臓に負担がかかるので毎日飲み続けても最大で1か月半までに
したほうがいいです。

 

肝臓を休ませるための期間が必要なようです。

 

1か月半利用後と同じ1か月半飲まない期間が必要です。

 

アナドリンの副作用とは

 

男性
陰茎肥大、持続性勃起、精巣機能抑制

 

女性
男性化現象(嗄声、多毛、ざそう、色素沈着、月経異常、性欲の亢進)

 

肝障害(皮膚や目が黄色くなる、体がだるい、皮膚がかゆい)、胃腸障害(気分が悪い、食欲がない)

 

上記の症状があらわれた場合や異変を感じた際は医師の診察を受けたほうがいいです。

 

 

 

2週間飲み続けている個人的は効果としては、トレーニング後の筋肉痛がかなり楽になってます。
飲み続けていくためのコストも安いので、おすすめです。

 

アナドリン(Anadrin)10mg


アナボリックステロイド(筋肉増強剤)とは、シンプルにいっても、色んな品種があります。そうすると「実際は、どれを選べば良いの?」と迷ってしまうかもしれません。

 

けれども、アナボリックステロイドのチョイスに失敗すると、ほとんど筋肉を増やせずに終わってしまう事が有り得ます。というのも、一部分のステロイドは、脂肪を燃やす働きがあったとしても、筋肉を増やす効果がないものがあるからです。

 

それには、科学的な調査をもとに、「確実に有効なアナボリックステロイドベスト5」を厳選しました。(また、利用あたりに医療知識が重要な注射剤は除外します。)

 

オキシポロン(Oxypolon)

 

 

オキシポロンの経口ではトップクラスの期待を持つステロイド。

 

老人をターゲットにした調査では、運動をさせていないとはいえ、12週間で4.2kgも筋肉を増せました。また、非投与グループは、全然筋肉が増えていないのです。

 

更に、HIV患者に30週間投与した調査では、投与グループは、8.9kgもの筋肉増加に達成したのです。一方で、非投与グループは、1.8kg体重が減っています。

 

ボディビルダーが一年間、筋肉を養成しても、つけれる筋肉は2?3kg程度と言われているようです。ところが、オキシポロンを利用すると、老人が、運動をし無くても、それを超える成果を実現できるのです。

 

一部では「効果は大きいが、副作用のリスクがある」と言われています。血液透析の患者さんをターゲットに24週間にわたり投与した調査では、誰一人強い副作用を起こしませんでした。(肝臓のデータが9.2%上昇したのみ。健康な正常値の間に変化。)

 

オキシポロンは、独自の経口ステロイドと言えるでしょう。まず筋肉をつけた方にはピッタリです。

 

オキシポロンのご購入はこちら
オキシポロン(Oxypolon)50mg

 

2位
ダイアナボル(メタンジエノン)


ダイアナボル(成分名…メタンジエノン)は、世界で一番たくさんの方に利用されきたステロイドであります。「チャンピオンのブレークファースト」と呼ばれ、アーノルド・シュワルツネッガー、スタローンなどにも愛用されてきたのです。

 

効果についてはいかがでしょうか?エリートアスリート11人をターゲットに、ダイアナボル100mgを投与し、6週間養成させた調査があります。

 

6週間でダイアナボル投与グループは、3.3kgも筋肉が成長していました。また、非投与グループでは、0,3kgの増加に留まりました。この調査から、普通のトレーニングの10倍以上の結果が可能なステロイドと言えるということです。

 

副作用がありますが、どのケア剤を利用することで制することができます。

 

ただ、仕方ないのですが、製造元のCyba社はダイアナボルの販売を終了しているとのことです。タイ製の「ダナボルDS」といった製品が発売されていますが、この製品の9割はフェイク商品の為、購入をお薦めしません。(内訳:9割は偽物!ダイアナボルの通販で失敗しないカギ)

 

ダイアナボルは「メダナボル」という名称で、製薬会社のWEST-COAST社からジェネリックがリリースされています。ダイアナボルの効果をトライしたい人には、こちらをご紹介します。

 

メダナボルのご購入はこちら
ダイアナボル575mg (Dianabol) 【Hi-Tech Pharmaceuticals社製】

 

3位
メテノロン25mg (Primo Tabs) 【アルファファーマ】


ステロイドの中からは少量であり、天然にも存在する成分を活かしたステロイドです。(主成分メテノロンはネコの副腎皮質にあるものです。)

 

女性化作用を起こさず、経口剤とは言え、肝臓に対する負担も低いステロイドでしょう。

 

ただし、効果には疑問符がつきます。マウスをターゲットにした調査では、雄のマウスは筋肉を増やす効果がありませんでした。(雌では効果があった。)

 

しかし、羊をターゲットにした調査では、筋肉を増やす効果、脂肪を減少させる効果がありませんでした。

 

ボディビルの現場だと、減量サイクルの中に利用されているステロイドです。バルクアップには、そんなに合っていません。

 

メテノロンのご購入はこちら
メテノロン25mg (Primo Tabs) 【アルファファーマ】

4位
スタノゾロール


スタノゾロールは、「副作用があまりない筋肉増強剤」として注目を集めています。更に、ベン・ジョンソンが利用したことでも人気が高くなっていますよね。

 

ただ、効果については、大きく期待できないのです。

 

仮に、マウスに投与した調査では、雄のマウスでは、筋肉の合成を育成しませんでした。一方、雌のマウスでは、筋肉を有意に合成したのです。

 

このことから、男性は、大きく効果がないステロイドと言えるでしょう。女性のホルモンレセプターとの相性が良好なようで、女性のケースでは、たくさんの効果が期待できるでしょう。

 

筋肉増強の効果は小さいですが、減量下で筋肉を持続する効果は大きいです。マウスを用いた調査で、薬剤を使い「強制的に筋肉が分解される」ケースにしたマウスにスタノゾロールを投与をしたら、筋肉の分解が有意に抑制されました。

 

このことから、スタノゾロールには、筋肉が失われやすい状態(減量下)で筋肉を守る効果があると解釈できます。

 

減量目的で用いるには、良好なステロイドだと思います。

 

スタノゾロールのご購入はこちら
ウィンゾロン(Winzolon)10mg

5位
アンドリオール


「副作用の小さい筋肉増強剤」として宣伝されるアンドリオールですが、筋肉増強の効果はあまり期待出来ないと言えます。

 

老人に1年間以上アンドリオールを投与した調査では、筋力の面においては、投与グループも、非投与グループも大して差は出ないからです。(筋肉については、投与グループが2kg増えていましたが)

 

たいてい、アナボリックステロイドを使用したら、投与グループと非投与グループでは何倍もの圧倒的なギャップが出るものです。その一方で、筋力面のケースでは差がないとされるのは、アンドリオールの効果が低いということです。

 

一年間以上も老人に投与出来るので、安全なのは間違いないのです。ただし、筋肉増強の効果は非常に弱いのです。

 

アンドリオールはこちら
アンドリオールジェネリック40mg (Cernos)

続きを読む≫ 2017/07/06 18:11:06

連日のようにトレーニングに勤しんでいる方々として、筋肉増強剤を活用していくのもありだと考える方もいらっしゃると思います。

 

筋肉増強剤と言っても何種類もの種類がありますけど、ここでは「オキサンドロロン」と言われる良好成分を含有したアナドリン(Anadrin)10mgに光を当ててみることにしました。

 

果たしてアナドリンの筋肉増強成果はホントか?アナドリンの真実を掘り下げてみることにしました。

 

 

 

続きを読む≫ 2017/07/04 14:56:04

アナドリンはアナボリックステロイドのアナバーのジェネリック薬品で、体型作りを行なっている現代人にいつも使われているとのことです。

 

その為、アナドリンの筋肉もしくはシェイプアップ効果効能ないしは飲み方やサイクル、副作用やケア剤等々も関心があるかと思います。

 

そのうえで、アナドリンを女性の方が使ったとしても成果はないだろうか、というようなこと等々も気がかりですよね。

 

そういう訳でこちらでは、アナドリンの飲み方と効果効用や副作用、この他には、ケア剤やサイクルなどに関しても納得いくまで解説して行きます。

 

こちらでレビューを確認できます!
アナドリン(Anadrin)10mg

 

アナドリンは一押し成分オキサンドロロン10mgを内包しているアナバーのジェネリック薬品で、主体として筋肉をでかくするもくろみや筋肉をキープする効果を期待して活用されており、筋肉パワーアップ効果はそんなにも高くないけれども、その代わり副作用がほんの少しで肝臓へのダメージも限られるので、女性においても使うことができるアナボリックステロイドと言われています。

 

それから、オキサンドロロンの影響の中には、オキサンドロロンの蛋白同化反応してから骨格筋を増やし、筋力を強化し筋肉ボリュームを拡大させることができ、男性に相応しく、一層瞬発力のある筋肉のついた身体のラインになることのできるのです。

 

そのうえで、骨髄の内容を上げて赤血球を高める有効性が高いので貧血の好転なことにも効果が期待できますし、カルシウムの排出を減少させることにより骨がもろくなるということを阻止するということも可能ですから、老化にともなう骨粗鬆症の阻止や、男性の性欲低下のケースでも有効性が高いです。

続きを読む≫ 2017/06/21 14:31:21