アナドリン 効果 副作用

アナドリンの摂り方と効果や副作用!ケア剤や飲用の仕方、サイクルなど【最新情報】

アナドリンはアナボリックステロイドのアナバーのジェネリック薬品で、体型作りを行なっている現代人にいつも使われているとのことです。

 

その為、アナドリンの筋肉もしくはシェイプアップ効果効能ないしは飲み方やサイクル、副作用やケア剤等々も関心があるかと思います。

 

そのうえで、アナドリンを女性の方が使ったとしても成果はないだろうか、というようなこと等々も気がかりですよね。

 

そういう訳でこちらでは、アナドリンの飲み方と効果効用や副作用、この他には、ケア剤やサイクルなどに関しても納得いくまで解説して行きます。

 

こちらでレビューを確認できます!
アナドリン(Anadrin)10mg

 

アナドリンは一押し成分オキサンドロロン10mgを内包しているアナバーのジェネリック薬品で、主体として筋肉をでかくするもくろみや筋肉をキープする効果を期待して活用されており、筋肉パワーアップ効果はそんなにも高くないけれども、その代わり副作用がほんの少しで肝臓へのダメージも限られるので、女性においても使うことができるアナボリックステロイドと言われています。

 

それから、オキサンドロロンの影響の中には、オキサンドロロンの蛋白同化反応してから骨格筋を増やし、筋力を強化し筋肉ボリュームを拡大させることができ、男性に相応しく、一層瞬発力のある筋肉のついた身体のラインになることのできるのです。

 

そのうえで、骨髄の内容を上げて赤血球を高める有効性が高いので貧血の好転なことにも効果が期待できますし、カルシウムの排出を減少させることにより骨がもろくなるということを阻止するということも可能ですから、老化にともなう骨粗鬆症の阻止や、男性の性欲低下のケースでも有効性が高いです。

アナドリンの飲用方法のポイントは?

 

 

アナドリンは一定水準、成人に対し1日2.5〜20mg(0.25錠〜2錠)を2〜4回に分割して摂取すると定められています。

 

そのうえで、筋肉パワーアップのことを狙って利用するケースでは使用量を10mgで1日2回にし、毎日活用ではなく6〜8週間の期間にわたり使ったあとに最小限度1ヶ月、可能なら利用した期間と同期間のインターバルを設定することこそがいいというデータがあります。

 

このことはアナボリックステロイドには一定以上副作用があるからで、長いスパンの継続使用は肝臓にも負担を負わせることから、そこそこのサイクルに従って肝臓を休息させるタームが必須になるためです。

 

ですが、個人個人で差も見受けられるということなので、その次はアナウンスするという感じの副作用が感じれば、インターバル期間を待たずに休薬したりとか、自分の判断で抑えていくことにした方が良いでしょう。

アナドリンが効かないケースは?

 

アナボリックステロイドはいくつものシリーズがあり、パワーも副作用も別なので、新しく利用する方で肝臓に負担をかけたくない方はアナドリンが気に入ると思いますが、思ったより効かない場合もあります。

 

だからこそ、アナドリンが残念な事に効かなかったケースや、再度高い効き目や強い筋肉増強効果効能を頼りにするであれば、オキシメトロンなどよそのアナボリックステロイドにした方が良いですよ。

アナドリンの副作用は?副作用対策のケア剤とは?

 

アナドリンには、以下のような副作用が記されています。

 

・ 肝機能障害(皮膚や目の黄疸、疲れ、皮膚が痒い)

 

・ 胃腸障害(食欲の低下)

 

男性特有の副作用は次のようなことがあります。

 

・ 陰茎肥大

 

・ 持続性勃起

 

・ 精巣機能抑制

 

女性が摂取すれば以下のような副作用があります。

 

・ 男性化現象(嗄声、多毛、ざそう、色素沈着、月経異常、性欲の亢進)

 

 

 

男性の場合はクロミッドをケア剤にすると副作用を緩和できます。

 

アナドリンの副作用はケースが少なく特に女性となると前述で書いたような副作用は、サイクルやキャパを踏まえていれば気にしなくていいですが、男性の場合はケア剤として「クロミッド」を同時に使うことをお奨めします。

 

 

 

クロミッドは有効成分のクエン酸クロミフェンを内包し、かつては排卵誘発剤として活用されていたが、アナボリックステロイドで低減した男性ホルモンを元の量に戻す有効性が高いので、アナドリンの利用によって出現する副作用を先だってブロックすることができます。

 

クロミッドの口コミなどはコチラ!

 

 

 

 

加えて、シリマリンもイチオシで、これはアナボリックステロイドの服用で下降する肝臓を保護し、肝機能障害をストップさせることが出来るので安心できると思います。

 

シリマリンの口コミなどはこちらです!

 

 

アナドリンを通信販売で購入するならオオサカ堂がイチ押し!

 

アナドリンは海外産の製品ですから、国内の薬局やAmazonや楽天では購入ができないです。

 

そういうわけでオススメなのがネットの個人輸入代行サイト「オオサカ堂」で「アナドリン」10mgを購入する方法です。

 

 

 

60錠入って1本あたり3,109円ですが、2本だと4,938円になっており、まとめ買いをした方がお買い得ですね。

 

だけど、未体験でウェブ上の個人輸入代行サイトを使うのであれば、なにより問題のないのか気に掛かってしまうと思います。

 

しかしながら、オオサカ堂であるならば最大手という信用性と、創業19年の実績を持っているので安心して利用して頂くことが出来ますし、口コミを目にしてみれば高い評価の方がとっても多く、安全性の高いサプリが多いことがわかります。

 

従って、アナドリンを購入したい時にはオオサカ堂がお奨めなので、お目当ての方はぜひこの機会にオオサカ堂のサイトで口コミを見て買ってみた方が良いですよ!

 

こちらでレビューを確認できます!
アナドリン(Anadrin)10mg