アナドリン 口コミ 効果

アナドリン(オキサンドロロン)の筋肉増強効果と副作用はどう!?【口コミもあるよ!】

連日のようにトレーニングに勤しんでいる方々として、筋肉増強剤を活用していくのもありだと考える方もいらっしゃると思います。

 

筋肉増強剤と言っても何種類もの種類がありますけど、ここでは「オキサンドロロン」と言われる良好成分を含有したアナドリン(Anadrin)10mgに光を当ててみることにしました。

 

果たしてアナドリンの筋肉増強成果はホントか?アナドリンの真実を掘り下げてみることにしました。

 

 

 


アナドリンについて

アナドリン(Anadrin)10mgというのは、経口のたんぱく同化薬で結局のところアナボリックステロイドです。アナボリックステロイドにはいくつものカテゴリーがありますが、アナドリンは有効成分を「オキサンドロロン」となっております。

 

アナボリックステロイドを具体的に言うと、食事から摂ったタンパク質を筋肉にリニューアルする作用がある筋肉増強剤で、身体の中で男性ホルモンとして活動するだとのことです。

 

アナボリックステロイドは、効き目の一方で、個人個人で差がありますが副作用もあります。

 

ですが、アナドリンはアナボリックステロイドの中でも副作用のの可能性が僅かで男性のみならず女性にも利用可能なことから初心者用だと評判です。

 

有効成分オキサンドロロンとはなんぞや?

 

オキサンドロロンは、重い火傷を負った患者の体調維持やアルコール性肝炎の患者さんに処方するケースもあると聞きます。

 

更には、骨髄の機能を上げて赤血球をアップさせる有効性が高い事から貧血などを良くしたり、カルシウムの排出を軽減するということから骨が脆くなるのを阻止する効き目があるとのことです。

 

オキサンドロロンの有利性は、アナボリックステロイドでもあって副作用が多くないのですが、他のアナボリックステロイドであるオキシメトロンやメタンジエノンと見比べて筋肉増強効果もソフトであります。

 

しかしながら、ソフトと言ってもアナボリックステロイドに変わりはありません。成果は期待できます。

 

 

 

 

 

アナドリンの効果をもっと詳しく説明!

 

アナドリンはおもに、以下の様な効き目があるとされています。

 

・広範囲の手術、慢性感染症、重度の外傷による体重減少後の補助療法
・骨粗鬆症
・筋肉増強

 

アナドリンの飲み方について詳しく説明!

 

アナドリンの飲み方は、以下のようになっております。

 

・通常、成人に対して1日2.5〜20mg(0.25〜2錠)
・上記量を2〜4回に分けて服用

 

となっているんですが、筋肉増強を目的として使う場合は飲み方も違ってきます。

筋肉増強目的のアナドリンの飲み方とは?

効果が優しいとされるとはいえアナボリックステロイドですので飲み方に注意が必要です。

 

アナドリン(Anadrin)10mgを使用して筋肉を増やすための摂取方法は、摂取量は10mgを1日2回で構いませんが、毎日用いているのではなく6〜8週間の期間を使用した後、最低でも1カ月、できれば使用した期間と同期間のインターバルを設定することが良いとされています。

 

ある程度アナボリックステロイドには副作用があります。ですので、恒常的な継続使用は肝臓にもストレスをかける事になるのです。肝臓を休ませるためにもインターバルがなくては困ります。

アナドリンの副作用について

アナボリックステロイドであるアナドリン(Anadrin)10mgには次項の様な副作用があります。

 

・肝障害(皮膚や目が黄色くなる、倦怠感、皮膚が痒い)
・胃腸障害(不快感がある、食欲減退)

 

男性

 

・陰茎肥大
・持続性勃起
・精巣機能抑制

 

女性

 

・男性化現象(嗄声、多毛、ざそう、色素沈着、月経異常、性欲減退)

 

などを含んだ副作用があるとされています。

 

ではあるのですが、さきほども記載したように、アナドリン(Anadrin)10mgは副作用が多くないアナボリックステロイドであるというのが一般的です。

 

アナドリンは男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)と一緒の形式を持つ化学物質であり女性ホルモンに変更される事がない為、アナポロンやメダナボル等にある女性化乳房化など副作用の元である可能性を抑えただと言われています。

 

また、アナボリックステロイドでもあり肝毒性が小さいことも知られています。これを受けアルコール性肝炎の患者に投与行う事もあると言われています。

 

とは言うものの副作用がなくなることはありませんので、不安の方は以下のケア剤を取り入れていきましょう。

アナドリンの副作用の肝毒性対策のケア剤はこれだ!

アナドリン(Anadrin)10mgは、一定以上肝臓に負担を強いる為に肝毒性があるそうです。ですので、ほとんどの方がアナボリックステロイドを活用する際、肝臓の負担を穏やかにするシリマリンと言う肝機能改善薬をケア剤として活用しています。

 

シリマリン(Silymarin)140mgは、健康な肝機能の損傷を阻止すると一緒に、傷付いた肝臓の細胞を復元し、また、アルコールからしても胃や肝臓を守り、悪酔いの予防や二日酔いの回復を手助けする為、酒量が多い方や飲酒の習慣のある方にも効果が期待できます。

 

シリマリンの口コミを確認するのはこちら

 

シリマリン100mg(Silymarin)[LifeExtension社製]


アナドリンの副作用の精巣機能抑制対策はこれだ!

 

アナボリックステロイドを活用していくと高確率で精巣機能が大なり小なりげんしょうしてしまいます。

 

これは、アナドリン(Anadrin)10mgを飲用する事により、カラダが「男性ホルモンが身体の中に過不足なくあり分泌する必要性が無い」と判定し、男性ホルモンの生成を下げてしまうということです。

 

ですけれども、アナボリックステロイドの飲用をやめれば精巣機能は回復します。そのうえで、精巣機能のリカバリーをアシストする為にクロミッドジェネリック(クエン酸クロミフェン50mg。製品名Klomen)と言われる排卵誘発剤を使うのがポピュラーです。

 

一般的に、クロミッドは女性が利用している事が殆どですが、男性の精巣機能のリカバリーにも成功する事が分かり男性の不妊症にあてはめることもある薬剤しても活用されています。

 

どうにかアナボリックステロイドで筋肉を付けても、体内で男性ホルモンが低レベルな状態が長い間続くと筋肉がダウンしやすくなります。

 

効果など500件近くの口コミが確認できます。
精巣機能抑制対策のケア剤のクロミッドの口コミはこちらで確認できます。

 

クロミッドジェネリック(クエン酸クロミフェン50mg。製品名Klomen)


アナドリンの副作用で女性化乳房が出てしまったときのケア剤はこれだ!

 

アナドリン(Anadrin)10mgには女性化乳房となってしまう症状を出さないといわれていますが、アナボリックステロイドである以上は

 

症状がでてもおかしくないと考えます。

 

女性化乳房を抑制する為に、ノルバデックス-D20mgという女性ホルモンの働きを阻害する薬剤でケアできます。

 

症状が出たときのために準備をしておくのがより安全にアナボリックステロイドを活用できると思います。

 

こちらで口コミなどを確認の上、活用ください。

 

ノルバデックス-D(Nolvadex-D)20mg


アナドリンの副作用による薄毛対策のケア剤はこれだ!